HOME > Scutumを支える技術 > 新たな脆弱性や攻撃への対応・新機能

新たな脆弱性や攻撃への対応・新機能

WAF「Scutum」は、新たに報告された脆弱性や攻撃方法に対して、クラウド型(SaaS型)の特長を活かした迅速で積極的な対応を行っています。

新たな脆弱性への対応を重視

Scutumでは新たな脆弱性への対応を重視し、常に最新のセキュリティ対策を反映しております。クラウド型の特長を活かし、新たな脆弱性問題からお客様のサイトを守ります。
新たに脆弱性が発見された場合は、速やかにその脆弱性をScutumで防御できるかのチェックを行います。まだScutumで対応できていない問題が見つかった場合には、検知システムや防御ロジックの見直しを行い、できるだけ早くScutumで対応できるような体制を用意しています。

新たな脆弱性や攻撃への対応・新機能一覧

【NEW】Movable Type の XMLRPC API におけるOSコマンドインジェクションの脆弱性について(CVE-2021-20837、JVN#41119755)

2021.10.21

シックス・アパート社が提供するCMS「Movable Type」の XMLRPC API においてOS コマンドインジェクションの脆弱性(CVE-2021-20837)が確認されており、IPAおよびJPCERT/CCからも注意喚起が行われています。
WAF「Scutum」では、既存の防御機能により本脆弱性公開前から本脆弱性を狙った標準的な攻撃を防御できていることを確認しております。また、難読化を含めた攻撃バリエーションについても、幅広く防御できるよう2021年10月21日までに対応を完了いたしました。

Apache HTTP Serverのパストラバーサルおよびリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-42013)について

2021.10.08

日本時間2021年10月5日に公開された Apache HTTP Serverのパストラバーサルの脆弱性(CVE-2021-41773)への対策として、The Apache Software Foundationからバージョン2.4.50がリリースされましたが、同バージョンにもパストラバーサルおよびリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-42013)が存在し、悪用されるとリモートから任意のコード実行も可能となる旨が発表されました。JPCERT/CCからも、CVE-2021-41773の脆弱性に関する情報への追記として本脆弱性について注意喚起が行われています。
WAF「Scutum」では、CVE-2021-42013の脆弱性についても、既存の防御機能により本脆弱性公開前から攻撃を防御できていることを確認しております。

Apache HTTP Serverのパストラバーサルの脆弱性(CVE-2021-41773)について

2021.10.06

Apache HTTP Server 2.4.49について、パストラバーサルの脆弱性(CVE-2021-41773)が報告されており、JPCERT/CCおよびIPAからも注意喚起が行われています。
本脆弱性につき、Scutumでは既存の防御機能により本脆弱性公開前から攻撃を防御できていることを確認しております。

Confluence ServerおよびData Centerの脆弱性(CVE-2021-26084)について

2021.09.03

Atlassian社のConfluence ServerおよびData Centerに関する脆弱性が確認されており、JPCERT/CCからも注意喚起が行われています。
本脆弱性につき、Scutumでは既存のStruts2脆弱性対策と共通の汎用的機能「OGNLインジェクション防御機能」により、公開された攻撃コードについて本脆弱性公開前から防御できていることを確認しております。

HTTPプロトコルスタックのリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-31166)への対応

2021.05.20

HTTPプロトコルスタックのリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-31166)が報告されています。Scutumでは2021年5月20日時点で、本脆弱性を狙った攻撃について、防御できる状態に更新いたしました。

Apache Struts2の脆弱性(S2-061、CVE-2020-17530)について

2020.12.09

Scutumでは、Apache Struts2 の新たな脆弱性(S2-061、CVE-2020-17530)について、既存の防御機能によって防御できていることを確認しております。

 

Scutum API機能を提供開始

2020.11.02

Scutumで検知した防御ログや詳細な攻撃リクエスト内容を取得できる、API機能を実装いたしました。

Apache Struts2の脆弱性(S2-060、CVE-2019-0233)について

2020.08.14

Apache Struts2 の新たな脆弱性(S2-060)について、2020年8月14日午前(日本時間)にScutumで防御が出来る状態に更新いたしました。

 

Apache Struts2の脆弱性(S2-059、CVE-2019-0230)について

2020.08.14

Scutumでは、Apache Struts2 の新たな脆弱性(S2-059)について、既存の防御機能によって防御できていることを確認しております。

 

Apache Tomcat の脆弱性を利用した攻撃への対応 (CVE-2020-9484)

2020.05.21

Scutumでは、Apache Tomcat の脆弱性 (CVE-2020-9484)を狙ったほとんどの攻撃パターンを既存の防御機能によって防御できていることを確認しております。

PHPのFastCGI Process Managerにおける脆弱性を利用した攻撃への対応 (CVE-2019-11043)

2019.10.25

「PHPのFastCGI Process Manager(PHP-FPM)における脆弱性」(CVE-2019-11043)を利用した攻撃を防御できる状態に更新いたしました。

Oracle WebLogic Server の脆弱性を利用した攻撃への対応(CVE-2019-2729)

2019.06.20

Scutumでは「Oracle WebLogic Server の脆弱性」(CVE-2019-2729)を利用した攻撃への対応を完了しております。

Oracle WebLogic Server の脆弱性を利用した攻撃への対応(CVE-2019-2725)

「Oracle WebLogic Server の脆弱性」(CVE-2019-2725)を利用した攻撃について、2019年4月26日の段階でScutumの既存の防御機能により防御できていることを確認済みです。

Apache Struts2 の脆弱性を利用した攻撃への対応(S2-057、 CVE-2018-11776)

2018.08.23

Apache Struts2の脆弱性(S2-057、 CVE-2018-11776)につき、Scutumでは既存の防御機能により攻撃を防御できることを確認済みです。

日経BP社「すべてわかるセキュリティ大全2018」にて
取材記事が掲載されました

2017.08

日経BP社「すべてわかるセキュリティ大全2018」(2017年7月刊)にて、Scutum技術チームのメンバー(ビットフォレスト取締役CTO 佐藤匡、同シニアマネージャー 野村真作)がStruts2の一連の脆弱性の背景を解説した取材記事が掲載されました。

Apache Struts2 の脆弱性を利用した攻撃への対応(CVE-2017-5638、S2-045、S2-046)

2017.03.09 , 2017.03.21

Apache Struts2の脆弱性(CVE-2017-5638、S2-045、S2-046)につき、Scutumでの対応をご報告します。

WordPress の REST APIの脆弱性を利用した攻撃への対応

2017.02.06

2017/2/6にJPCERT/CCより注意喚起がなされた「WordPress の REST APIの脆弱性」を狙った攻撃につき、Scutumでは対応を完了しております。

PHPMailerの脆弱性への対応(CVE-2016-10033、CVE-2016-10045)

2016.12.28

PHPMailerの脆弱性(CVE-2016-10033、CVE-2016-10045)を狙った攻撃につき、Scutumでは対応を完了しております。

意図しない「index_old.php」設置による改ざんへの対応(2016/11/14 JPCERT/CC注意喚起)

2016.11.17

Scutumでは、Webサイトからのレスポンスをチェックし、該当スクリプトがあった場合はそれを無害化し、閲覧ユーザーに影響が及ばない対応を行いました。

世界で初めてWAFによる「POODLE」攻撃の検知・防御を実現

2015.02.04

SSL 3.0 プロトコルで使用されるCBC暗号アルゴリズムに深刻な脆弱性(CVE-2014-3566)、通称「POODLE」が発見されております。Scutumでは、独自開発の技術により、SSL3.0は有効にしたままで、POODLEの攻撃のみを特定して検知し、Webサイトへの攻撃を遮断することが可能となりました(2015年1月26日より実装)。

bashの脆弱性について

2014.09.25

bashの脆弱性(CVE-2014-6271,CVE-2014-7169)、通称 ShellShockが発見されております。本脆弱性に関するScutumご利用サイトへの影響についてご説明いたします。

OpenSSL 1.0.1に含まれる脆弱性について

2014.04.15

OpenSSL 1.0.1に含まれる深刻な脆弱性(通称:Heartbleed)が報告されております。本脆弱性に関するScutumご利用サイトへの影響についてご説明いたします。

「キャプチャ認証追加機能」「SMS認証追加機能」の正式リリースが決定

2014.02.26

Scutum利用サイトのユーザ認証を手軽に強化できる、2種類の二要素認証追加機能を正式リリースいたします。
「キャプチャ認証追加機能」は2014年4月より、現在β版としてご提供中の「SMS認証追加機能」についても2014年6月より、正式オプションとして提供を開始いたします。

Scutum利用中のサイトに「二要素認証」を追加できる新機能を提供(β版)

2013.07.09

Scutumでは、パスワードリスト攻撃へのより強固な対応策として、Scutum利用中のサイトにWebアプリケーションの追加開発なしで「二要素認証」を追加できる新機能を実装いたしました。
本機能は、2013年8月1日よりβ版オプションサービスとしてご提供を開始いたします。

「パスワードリスト攻撃」の抑制機能を搭載

2013.06.13

Scutumでは、悪意を持つ第三者があらかじめ入手してリスト化したID・パスワードを利用してWebサイトへの不正ログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を抑制する機能を標準サービスとして搭載いたしました。

PHPなどを利用して開発されたWebアプリケーションにおけるサービス運用妨害の脆弱性、通称「hash DoS」(ハッシュDoS)に対応

2012.01.18

Scutumでは、PHPやTomcat等を利用して開発されたWebアプリケーションにおけるサービス運用妨害(DoS)の脆弱性、通称「hash DoS」(ハッシュDoS)を狙った攻撃を検知し防御する機能を標準サービスで搭載いたしました。

大規模SQLインジェクション攻撃、通称LIZAMOON攻撃への対応

2011.04.19

各所より報告されている大規模SQLインジェクション攻撃(以下LIZAMOON攻撃)について、Scutumでの対応をご報告します。