HOME > サービスについて > 安心のサポート/運用体制

安心のサポート/運用体制

WAF「Scutum」では、サポートもシステム運用もWebセキュリティ専門会社が一貫してカバーします。

Scutumはサポート運用が常に密接に連携。
安定したWAFサービスを支えます。

セキュリティ専門企業だからできる的確なサポート

導入時、運用開始後、障害発生時まで、専門のチームによる迅速できめ細かなサポートをご提供

脆弱性診断や教育も行うWebアプリケーションセキュリティ専門企業SSTのスタッフがサポート窓口となるため、WAFに関する知見が豊富です。技術チームへのエスカレーションも速やかに行われ、対応がスムーズです。

導入時、導入後ともに役立つ充実のサポートサイト

WAFの機能や利用方法について詳細な情報を公開している国内ベンダーが少ない中、Scutumでは障害/メンテナンス情報や脆弱性対応の新着情報のほか、管理画面の詳細な利用方法、オプション機能、各種手続きのガイダンス、FAQなど、サポートチームが自ら日本語による豊富な情報を随時ご提供しています。

サポートサイトイメージ1 サポートサイトイメージ2

サポートサイトは導入前でもご利用可能。導入前のご検討に役立つ「FAQ」や「オンラインマニュアル」など、契約までの流れをわかりやすくご説明しています。

Scutumサポートサイト

サポートデスクでのお問い合わせ対応

通常のメール/お電話でのお問い合わせ受付の他、システム障害発生時には、24時間 365日のお電話への対応を含む障害サポートを行います。

Scutumサポートサイト「お問い合わせ」

研究/開発チームで検証を行った新たな重要脆弱性に関するサポートもスピーディー

Scutumサポートサイト「脆弱性対応情報一覧」

専任のエキスパートチームによる 24/365 運用

セキュリティとシステム運用のプロが24時間365日管理
ご利用者側のWAF管理は不要

システムの日々の管理/運用、防御ロジックのアップデート等はすべてScutum運用チームが実施するため、お客様側での作業は必要ありません。

※導入時やお客様環境変更時のDNS設定や、SSL証明書アップロードを除きます。
※DDoS対策などのオプションもWAF機能と一続きのサービスとして提供されるためお客様側作業は不要です。

複数インフラ間での冗長構成を基本としているため、長期にわたり高い可用性を実現しています。

※当サービス開始以降、稼働率は99.995% 以上(2019年までの実績)

研究/開発チームは全て国内を拠点としており、様々なトラブルへの反応がスピーディーで、日本特有の事情にも対応が容易。主要な技術部門が海外にしかないサービスにありがちな、ベンダー側の連携不足/情報不足に振り回されることもありません。

新たな脆弱性への対応方針についてはこちら

新たな脆弱性や攻撃への対応・新機能