従来のWAFの常識を変えた、クラウドモデル(SaaSモデル)

従来型WAFの課題を克服するために、Scutumではそのサービス形態をクラウド型(SaaS型)としました。Scutumセンターを経由する形でWebアプリケーションファイアウォールの機能を提供いたします(下図)。

クラウド型WAFサービスのシステム構成

本サービス形態では、お客様のWebサーバが本来持つIPアドレスをScutumサービスのIPアドレスとなるようにDNSの設定を変更するだけで設定が完了します。余分な自前の設備を持つことなく、より安全なWebサービス環境を構築することができます。

クラウド型(SaaS型)だから、かんたん

導入まで約1週間

お申込から利用開始まで簡単な手続きのみでサービスを開始できます。緊急対応の場合、最短3日間での導入も可能です。
※緊急対応の際は追加料金が必要となる場合がございます。
※ご利用環境/条件によって緊急対応の所要期間は変動します。

システム構成を変えることなく導入・解除可能

お客様側作業はDNS変更とSSL証明書のアップロードのみで導入準備完了。また、解約時もDNS変更するだけですぐにサービスを解除することができます。

サービスを停止することなく導入・解除が可能

WAF機能の導入及び解除の際に、Webサイトが提供するサービスを停止する必要がありません。

クラウド型(SaaS型)だから、あんしん

アプリケーション診断会社がサービス提供

セキュリティを専門としていない企業でのセキュリティ対策は、最新のセキュリティ情報から遅れをとってしまい、的確なセキュリティ対策が実現するのは難しい状況です。
アプリケーション診断会社であるSSTでは、多数のセキュリティ技術者が常に様々なwebサイトのセキュリティを診断し、お客様のビジネスを安全に遂行できるお手伝いを行っています。

最新の脆弱性対策を常に反映

Scutumでは、新たな脆弱性への対応を重視しています。Webアプリケーションの脆弱性診断のため日々収集する情報をベースに、常に最新のセキュリティ対策を反映しております。
新たな脆弱性が発見された場合は、速やかにその脆弱性をScutumで防御できるかのチェックを行います。まだScutumで対応できていない問題が見つかった場合には、防御シグネチャや検知システムの見直しを行い、できるだけ早くScutumで対応できるような体制を用意しています。

セキュリティ技術者不要

WAFサービスの運用は、全てScutum側で実施します。お客様がWAF運用のために専門のセキュリティ技術者を置く必要はありません。

クラウド型(SaaS型)だから、低コスト

月29,800円~の料金体系

初期費用:98,000円~ (消費税別)
月額費用:29,800円~ (消費税別)
(お客様のネットワークご利用状況等により、料金表のいずれかの料金プランを事前にご提案させていただきます)

明確な料金体系で、セキュリティ対策は高い!というイメージを払しょくします。

短期のみの利用が可能

キャンペーンサイト等、一定期間のみ利用したいというお客様のニーズをSaaSという形で実現しました。最低利用期間は、1ヶ月からOK!

アプライアンス型/ソフトウェア型とSaaS型の違い--導入費用:安価、導入・運用の手間:手軽、セキュリティモデル:1種類、セキュリティ技術者:不要

クラウドコンピューティング時代にマッチしたサービス形態

現在、数多くの企業が、コスト削減や運用負荷軽減の要請から、SaaSやクラウドコンピューティング形態の様々なサービスを積極的に利用し始めています。そんな中、私達は、企業の主たるビジネスとは別の視点やノウハウが必要となるセキュリティ対策にこそ、SaaS型やクラウド型のサービスを利用して、運用を専門家に任せることが正しい選択であると考えました。その結果が、世界初のクラウド型WAF『スキュータム』という答えとなったのです。