SSL 3.0の脆弱性「POODLE」について

SSL 3.0 プロトコルで使用されるCBC暗号アルゴリズムに深刻な脆弱性(CVE-2014-3566)、通称「POODLE」が発見されています。この脆弱性により、攻撃者が傍受したHTTPSトラフィックから、暗号化されたトラフィックの一部が解読される可能性があります。

参考:【IPA】SSL 3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566) 2014年10月

世界で初めてWAFによる「POODLE」攻撃の検知・防御を実現

WAF「Scutum」では、脆弱性発見直後より本脆弱性の影響を受ける暗号スイートを無効にすることで対応しておりましたが、このたび独自開発の技術により、SSL3.0は有効にしたままで、POODLEの攻撃のみを特定して検知し、Webサイトへの攻撃を遮断することが可能となりました(2015年1月26日より実装)。

これにより、やや古いシステムやフィーチャーフォンでのアクセスなど、SSL3.0がまだ使われている場面でのPOODLE対策をスムーズに行うことが可能になります。
WAFによるPOODLEの検知/防御は世界初*となります。
*Scutum調べ

プレスリリースPDF(2015年2月5日発信) 参考:WAF Tech Blog「ScutumはPOODLE攻撃を検知・防御する唯一のWAFです」(2015年2月4日)※POODLE検知・防御機能の実装に至った背景や開発思想についてご紹介しております。

SSL3.0、RC4の有効/無効設定機能もご提供

WAF「Scutum」では、上記のPOODLE攻撃に対する検知・防御機能とは別に、管理画面よりSSL3.0およびRC4の有効/無効を設定する機能を標準で提供しております。
この機能により、Scutumで接続を許可する暗号スイートをお客様ご自身のセキュリティポリシーに沿って選択することが可能です。

Scutumお客様サポートサイト「SSLの設定」